研究会についてお問合せトップページ
 

柔構造物工法研究会の紹介


沿革


1996 平成8年8月 スイスのFATZER AG より技術導入
1996-1997 平成8年11月−
平成9年6月
(財)鉄道総合技術研究所と共同研究し、実物大実験で実証
1997 平成9年12月 リングネット落石吸収柵工法研究会 発足
2002 平成14年12月 工法の実施権者の、東亜グラウト工業(株)が「リングネット落石吸収柵工法」の建設技術審査証明を取得
2006 平成18年12月 柔構造物工法研究会 発足 多様なネットを使用した工法が増える
2008 平成20年7月 斜面安定化工法(パワーネット)は、発足したエコ・パワーネット工法会所管とした
2009 平成21年2月 研究会組織の簡素化を図り、現在に至る
2011 平成23年11月 工法の実施権者の、東亜グラウト工業(株)が「インパクトバリア工法」の建設技術審査証明を取得