研究会についてお問合せトップページ
 

リングネット工法の特長

リングネット工法は高エネルギー吸収システムを有する防護柵です。
防護柵に衝突した落石は、次の3段階のシステムでエネルギー吸収されます。

<第1段階>

リングネットのエネルギー吸収

・落石を受けたネットは、リングの弾・塑性変型でエネルギーを吸収します。

・応力の分散と伝達に方向性が無いため、極めて効率的にエネルギーを吸収します。

<第2段階>

ブレーキリングによるエネルギー吸収

・次に、ブレーキングによるエネルギー吸収が始まります。

・防護柵の変形に追随しながら、ブレーキングは効率的なエネルギー吸収が出来るように配慮されています。

<第3段階>

リングネット設置側面図

・リングネット防護柵全体が、残存エネルギーを吸収します。

・荷重方向の変化に追随できるワイヤロープアンカーを採用するなど、効率的にエネルギーを吸収できるシステム構成となっています。
 


 

リングネット設置正面図